1. トップ
  2. 採用情報
  3. 研修制度と自己啓発の取組み

研修制度と自己啓発の取組み

JR東日本ステーションサービスでは、研修や通信教育・資格取得の推進などを通じて人材育成を行っています。

新規採用時研修

新規採用した全社員を対象に、企業理念や社会人として求められる姿勢や考え方、当社の就業規則、基礎的な業務知識を学びます。

新規採用時研修

スタートアップ研修

主に駅業務未経験の新規採用社員を対象に、当社が目指すお客さまサービス実現のために必要な心構え、業務知識、端末操作スキルの習得などを目的とした研修を行っています。

スタートアップ研修

新入社員フォローアップ研修

4月入社の新卒1年目全社員を対象に、入社後1年間の仕事やそれに付随する体験を振り返り、学ぶべき教訓を共有すること。また期待される役割を理解した上で、2年目社員としてあるべき姿を考えることを目的とした研修を行っています。

新入社員フォローアップ研修

My Challenge / 社内通信教育

日々の業務を通じて業務の改善を行っていく活動です。改善効果の高い提案については褒賞があります。また、JR東日本の社内通信教育を受講できます。

サービス推進員制度

サービスレベルの向上と活性化を目的として、職場で選出されたサービス推進員が中心となって活動しています。

サービス介助士資格取得の推進

サービス介助士資格取得を推進しており、社員のサービスマインド、会社全体のサービスレベル向上に取り組んでいます。

「声かけ・サポート」運動の推進

JR東日本の「声かけ・サポート」運動(お身体の不自由なお客さまやご高齢のお客さまなど、より配慮の必要なお客さまに、社員がお声かけをし、安全かつ安心して鉄道をご利用いただく運動)に、当社も積極的に参加しています。

業務品質競技会

駅業務の第一線で業務に励んでいる社員が、実際の業務に即した課題について、臨機応変にロールプレイを行う競技会です。日頃培ったスキルを発表してもらうことで、会社全体の業務品質のレベルアップをはかることを目的に実施しています。

業務品質競技会

私が伝えたいメッセージ

会社の成長のために、何ができるかを社員一人ひとりが考えたメッセージを募集しています。応募者の中から選出された社員による発表会も行っています。

私が伝えたいメッセージ
S
S