1. トップ
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー 仕事と育児の両立支援

社員インタビュー
仕事と育児の両立支援

社員
インタビュー

JESSには、育児休職後、仕事と育児を両立する社員が男女ともに多くいます。
今回は2名の社員にインタビューし、育児休職から復職後の働き方まで語ってもらいました。

後藤 雄貴[東京駅務管区]

鉄道が好き、駅の仕事に興味がある、仕事とプライベートを両立させたい等、 就活生の皆さまのニーズにも応えていける会社だと思います。

社員01 後藤 雄貴
プロフィール
妻と2人の子供(7歳と3歳)の4人家族です。
2014年4月に入社後、上野駅新幹線乗換口と東京支店業務課への異動を経て、2019年3月から秋葉原駅にて勤務しています。出札・改札・内勤業務を担当し、「お客さまを笑顔にする接遇」を心掛けています。
社員01 後藤 雄貴 プロフィール写真

Q育児休職した期間は?またなぜ休職しようと思いましたか?

2人目の子どもが生まれた際、約4か月半休職しました。
私たち夫婦の親には頼ることが難しい状況だったため、妻が2人育児に慣れるまで休職しようと思いました。

Q育児休職して「良かったこと」は?

育休中は、毎日公園に行っているうちに長女が少しずつジャングルジムを登れるようになったり、下の子が初めて寝返りをした瞬間に立ち会えたりと、子どもたちの成長をすぐ近くで感じられました。また、子どものお世話の大変さを身を持って体験し、他の男性にアドバイスができようになったことも「良かったこと」だと思います。

Q育児休職に入る際の職場の雰囲気は?

上司に育休について伝えた際、「制度はどんどん利用した方が良い。昔と違って今は男性も育児にしっかり関わらないとね」「遠慮しないで長い期間休職して良いよ」と言われとても嬉しかったです。

社員01 後藤 雄貴 写真

Q仕事と家庭の両立で意識していること、工夫していることは?

仕事は集中して早く終わらせ休憩時間はしっかり休む、家庭では育児をしつつ息抜きに自分の時間を必ず作る等、しっかり“メリハリ”をつけるようにしています。

Q両立する中で「嬉しかったこと」は?

駅の仕事は泊まり勤務がメイン。丸一日子どもに会えないので、帰宅して子どもたちの顔を見るといつも嬉しく感じます。妻と子どもがお菓子作りをし、帰宅した時にサプライズでプレゼントされた時は、仕事の疲れが吹き飛ぶくらい嬉しかったです。

Q育児休職を取ってどう感じましたか?

他企業では、男性の育休率は低い(休職しても数日が多い)とのことですが、JESSは男性でも育児休職しやすい会社だと思います。

温かい職場の雰囲気は「社員は財産」という考えがあるためであり、社員の働きやすさを考えてくれる会社だと感じます。

社員01 後藤 雄貴 写真

Q就活生へメッセージをお願いします!

JESSは首都圏の多くの駅を受託しており「JR東日本の顔」として、お客さまの様々なニーズに応え、日々サービス品質の向上に努めていかなければなりません。お客さまから「ありがとう」と笑顔で言われた時は大変嬉しく、駅業務に大きなやりがいを感じます。

しかし、良い仕事をするにはプライベートも充実していることが大切です。JESSはまだまだ若い会社ではありますが、大変働きやすい会社だと思います。鉄道が好き、駅の仕事に興味がある、仕事とプライベートを両立させたい等、就活生の皆さまのニーズにも応えていける会社だと思います。皆さまと一緒に働けることを楽しみにしています。

橋坂 朋子[東京駅務管区]

復職の際、職場の上司・同僚があたたかく迎えてくれ、その後も全力でサポートしてくれました。

社員02 橋坂 朋子
プロフィール
夫と2人の子ども(5歳と3歳)の4人家族です。
2013年に入社後、上野駅務管区での2か月を経て東京駅務管区へ配属。出札業務(みどりの窓口)を担当しています。
お客さまからいただく感謝のお言葉と、その際のお客さまの笑顔がやりがいです。
社員02 橋坂 朋子 プロフィール写真

Q育児休職した期間は?

上の子を出産してから育休に入り、その後2人目も出産。
下の子が1歳4か月になる頃に復職しました。トータルで約3年間、仕事をお休みしました。

Q復職時はどのような気持ちでしたか?

業務知識や感覚を育休前の状態に戻せるのか、仕事と家庭の両立ができるのかなど、不安しかありませんでした。
でも復職の際、職場の上司・同僚があたたかく迎えてくれ、その後も全力でサポートしてくれるので、休職前と同じモチベーションで仕事に取り組めています。

Q仕事と家庭の両立で意識していること、工夫していることは?

夫との連携がとても大事なので、家事、育児、勤務については常に情報共有しています。

社員02 橋坂 朋子 写真

Q両立する中で「嬉しかったこと」は?

「ぼくも保育園に元気に行ってくるから、おかあさんもお仕事がんばってね」と息子に言われた時は嬉しかったです。
仕事と育児を両立する中ではいろいろと大変なことはありますが、めげずに頑張って働き続けたいと思います。

Q休日は子どもとどのように過ごしていますか?

一緒に遊んで、一緒に食べて、一緒に寝る!
働いている分一緒にいられる時間は限られますが、密な時間を過ごすようにしています。

Q就活生へメッセージをお願いします!

JESSはまだまだ若い会社です。

大きな可能性を持っていますので、大きな希望を持って入社してきてください!

S
S